COMPANY会社案内

MESSAGE代表ご挨拶・社是

代表取締役 関山 貢

1977年(昭和52年)に鉄建建設の協力会社9社がより一層の発展を期して合併し、東和建設が誕生しました。
以来、新幹線・在来線・地下鉄・高速道路などの大型公共工事に携わってまいりました。
近年は、渋谷・新宿・品川・新橋などの首都圏主要駅の大規模駅改良工事を手がけるほか、特殊技術で線路下や高速道路下に横断道路を構築するアンダーパス工事も行っています。
現在弊社には専門技術を有する社員が多く在籍しており、全員で後進の指導や技能者の育成に努め、施工のプロ集団として安全に高品質な建造物を完成させるために日々努力しています。
2018年8月建研工業株式会社(杭・連壁工事専門会社)を子会社化し、より一層の社業の拡大・安定を目指しています。
そして、2019年3月に鉄建建設グループ会社となりました。
目的は、技術力の向上と技能労働者の確保、及び新たな時代に向けて経営体制の強化と事業領域の拡大のためです。
当社への出資により、鉄建建設が筆頭株主となり、成長を支援していくこととなります。
今後とも、お客さまのニーズに迅速に応え、仕事を通じて社会に貢献し、継続的な会社の発展と社員の福利厚生の充実をめざしてまいります。


社是 「実行と和」
互いに仲良く、実行することで成果を上げ繁栄に繋げていく

OUTLINE会社概要

社名東和建設株式会社
本社所在地〒113-0034 東京都文京区湯島1-6-7 お茶の水TKビル7階
連絡先TEL. 03-5615-9616 / FAX. 03-5615-9618
代表者代表取締役 関山 貢
設立 1977年11月24日
資本金9,720万円に増資(2019年3月)
売上高31.8億円(2020年7月)
東和単体26.2億円 建研工業単体5.6億円
従業員58名(2021年1月)
東和単体45名・建研工業単体13名
建設業許可番号都知事(般-2)第49702号
建設業許可種類土木工事 / 大工工事 / 鉄筋工事 / 舗装工事 / とび・土工工事
業務内容鉄道・地下鉄 / 道路 / 下水道 / 河川 / 造成等の土木工事
主要取引先鉄建建設株式会社 / 株式会社ジェイテック
営業地域関東一円
取引金融機関(敬称略)百十四銀行 / みずほ銀行 / 商工中金 / 三菱UFJ銀行
主な加盟団体(敬称略)東京商工会議所 / 中央職業協会 / 建設業労働災害防止協会 / ㈳日本鉄道施設協会

HISTORY会社沿革

1977年(昭和52年)11月鉄建建設株式会社の土木工事を施工する協力会社9社(旧社名 越後谷工務店・池口工務店・気仙沼建設・須賀川工務店・喜多村建設・東野工務店・肥後建設・田中技建・土棚工務店)を合併して設立
本社を東京 飯田橋に置く
資本金1,500万円 初代代表 越後谷 堅治
1980年(昭和55年)8月資本金2,250万円に増資
1982年(昭和57年)9月二代目代表 池口 皎 就任
1985年(昭和60年)3月埼玉県八潮市に従業員宿舎、東和建設八潮寮を新築
1986年(昭和61年)10月三代目代表 島本 宏 就任
1995年(平成7年)9月埼玉県戸田市に従業員宿舎、東和建設戸田寮を新築
2004年(平成16年)5月四代目代表 松田 威美 就任
2009年(平成21年)11月本社を東京 神保町に移転
2015年(平成27年)10月 五代目現代表 関山 貢 就任
2017年(平成29年)11月創立40周年を迎える
2018年(平成30年)7月本社を東京 御茶ノ水に移転
2018年(平成30年)8月建研工業株式会社(杭・連壁工事専門会社)を子会社化
2019年(平成31年)3月資本金 2,250万円から 9,720万円に増資
取締役会長 髙見 勝則 就任(鉄建建設より)
社外取締役 猪塚 武志 就任(現 鉄建建設土木本部土木部長)

ACCESSアクセス

〒113-0034 東京都文京区湯島1-6-7 お茶の水TKビル7階

最寄り駅

東京メトロ 丸の内線 御茶ノ水駅徒歩5分
JR総武線・中央線 御茶ノ水駅徒歩7分

INTERNSHIP現場見学・インターンシップの受け入れ

土木学科31名

土木学科31名が参加

建築学科40名

建築学科40名が参加

大阪の夜間高校12名

大阪の夜間高校12名が参加

高校生のインターンシップ

高校生のインターンシップを受け入れました